【閲覧注意】人生詰んだ30歳 「死のう」 諦めたらそこで試合終了ですよ…?

事件

鬱の苦しみ。

人生は選択の連続だ。30歳で「人生詰んだと思い込んだ」精神障害のある男性が鉄塔に登り、およそ3万ボルトもの電撃を受け落下、死んでしまった。

彼の名はスバス(30歳)。澄み渡る青空とは裏腹に彼の心は暗く「生きる意味を考えるという無駄」に陥ったせいで自死を選んだ。

・・・あれ?人生って40代からじゃなかったっけ?50代かもね。

※関連 【閲覧注意】感電しっぱなしの娘に気づかない父親、時すでに遅し…。

※動画