【拷問】イスラム党をバカにした男、集団リンチの末に焼き捨てられ消し炭と化す…。

事件

DQN。

12月3日パキスタンにて、縫製工場で総支配人として働いていたスリランカ人男性(40歳)が極右過激派イスラム党 Tehreek-e-Labbaik Pakistan(TLP)の狂信者によって最も残酷な方法で拷問・殺害された。
事務所の壁に貼られたコーランの詩が刻まれたTLPのポスターを破り捨てたことが「冒涜」と見做され激怒した何百人もの支持者が工場内外から押し寄せ集団リンチを受けている。
パキスタン国内では11月にTLPの活動が解禁されたばかり。

※動画